全国ではじめての認知症予防・改善のための介護施設(有料老人ホーム,デイサービスセンター,グループホームなど)|脳リハビリネットワーク[浜松市]

全国ではじめての認知症予防・改善のための介護施設(有料老人ホーム,デイサービスセンター,グループホームなど)|脳リハビリネットワーク[浜松市]

Google
www を検索 nouriha.jp を検索

医学博士・金子満雄

HOME > 医学博士・金子満雄

医学博士・金子満雄

医学博士・金子満雄

■略歴
昭和 9年  長崎に生まれる。
昭和20年  長崎で被爆。父と長兄を失う。
昭和34年  長崎大学医学部卒業。
昭和39年  長崎大学医学部大学院修了。医学博士号取得。
昭和40年  長崎大学外科学教室、脳外科グル-プへ。
昭和42年  低開発国の医療援助のためケニアへ出向。
昭和44年  米国、ジョージタウン大学医学部脳神経外科にレジデントとして勤務。
昭和48年  浜松医療センタ-の開設に参加。脳外科部長。
以来29年勤続。57年副院長に。
平成12年  同センター顧問へ。
平成16年  同顧問を辞し、浜松早期認知症研究所、金子クリニックを開設。
■資格・免許 脳外科専門医(昭和47年取得)
日本脳卒中の外科学会名誉会員
日本脳外科学会、日本脳卒中学会
日本高次脳機能障害学会、日本神経心理学会、各評議員
■専門分野 認知症の予防と治療
認知症の研修会
認知症などの講演

脳血管障害、特に急性期の外科治療。これまでに脳血管障害5千例の入院治療を行い、 脳出血、脳梗塞、脳動脈瘤関連の学会発表370回、論文80篇あり。
認知症の早期診断及び早期治療。脳神経心理機能検査、特に前頭前野機能テスト開発と臨床応用。
浜松二段階方式(早期認知症診断法)を用い、現在までに3万人以上の診断と治療を行う。
■著書一覧 「脳が壊れるとき」(1988 Mトリビューン)
「老人性痴呆の正しい知識」(1989 南江堂)
「一般医家のための老人性痴呆」(1990 南江堂)
「浜松方式でボケは防げる、治せる」(1995 講談社)
「ボケない生き方革命」(1996 海竜社)
「ボケる脳の謎がとけた」(1998 NHK出版)
「ボケてたまるか」(1999 海竜社)
「第一回全国早期痴呆研究会」分担(1999 真興交易医書)
「定年後ボケる人、ボケない人」(2000 PHP社)
「囲碁はボケ予防の妙手」(2001 河出書房)
「生き方のツケがボケに出る」(2001 角川文庫)
「地域における痴呆健診と対策」(2002 真興交易医書)
「ボケてたまるか!」(2003 角川文庫)
「親がボケれば子もボケる」(2003 角川文庫)
「ボケからの脱出」(2004 角川文庫)
「ボケない! 生き方」(2006 海竜社)
「このままいくとあなたはボケる」(2007 角川文庫)
「絶対ボケない生活法」(2008 海竜社)
「ボケないいきいき脳を取り戻せ」(2010 保健同人社)
■趣味 囲碁将棋(各3段)、ゴルフ(ハンデ12)、花の写真撮影

このページのTOPへ戻る

HOMEへ戻る

株式会社 脳リハビリネットワーク

〒432-8069

静岡県浜松市西区志都呂一丁目5-20

TEL:053-449-6900
FAX:053-449-6902

E-mail:info@nouriha.jp

URL:http://www.nouriha.jp/

脳活日記

スタッフブログ

交通アクセス

金子式脳いきいきプログラム右脳活性化一人チェス

よりみちカフェ

採用情報